読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

boshi's weblog

boshiの日常だよ ('-')

hideに会いに行ってきました

music

https://instagram.com/p/9x0I_6n_YP/

 

昨日は「hide crystal project presents RADIOSITYへ行ってきました!

hideの想い出

hideを初めて知ったのはX(X-JAPAN)の時ではなく、
hide with Spread Beaverの時でした。
初めて聴いた曲は「ROCKET DIVE」だったかな。

インパクトのあるビジュアルと曲に圧倒されていたら
いつの間にか亡くなってしまっていました…。

その後、アルバムを聴いて…
GLAYがEXPOの度に演奏してくれる「MISERY」を聴いて…
春になると「HURRY GO ROUND」を聴いて…
hideを慕う人たちのhideへの想いを知って…
段々と憧れと好きの気持ちが強くなっていました。

今思えば、学生の時、ピンク色の髪に憧れていたり、
チェック柄の上下のジャケット&スカートを着ていたのは
完全にhideの影響でしたね(笑)

DMM VR THEATER 

今年、横浜に作られた
世界初の3DCGホログラフィック専用エンタテイメント劇場「DMM VR THEATER
その第一弾の公演として「hide crystal project presents RADIOSITY」がやっています!

私はローチケの先行でチケットを手に入れたのですが、
指定席と後方スタンディングがあり、指定席のほうにしました。
入り口でスタッフの方に、チケットと1ドリンク代の500円を渡し
ドリンクの引換券をもらいました。

ドリンクは、ソフトドリンクに加えアルコールもあります!
ビールもあったんですがプレモルだったので(苦手…)ハイボールに。
普通の映画館と同じように、いくつかフードがあって、
フード1点につきステッカーが貰えるキャンペーンをやってたので
ついついフードも買ってしまいました…ポテト美味しかったです。

飲み物とフードを持って席へ…
映画館のような席を少し簡易的にしたもの?で、右にドリンクホルダーがありました。
席は前から3列目の真ん中のほうでしたが、良い位置だったのかは定かではありません。

hide crystal project presents RADIOSITY

そしてついに本編。 ネタバレあるのでご注意ください。

詳しい内容はギズモードさんの記事にも書いていますが…
なんというか、すごかった。不思議な空間でした。

実際の映像はこちら。

スタンディング、歓声、サイリウムがOKなライブではありましたが、
前から3列目までの人は立ってなかったし、サイリウムも少なめでした。
(後ろのほうは見ていないのでわかりません)

泣いている人がちらほらと。そういう私も涙しました。
そこにいるわけではないんだけど、そこにいて…

tell me誰か tell mePlease tell me.
君には僕が見えてるか

〜TELL ME ♪ hide

見えてるよー見えてるよー!(涙)

でも段々と…当たり前なんだけど…
そこにいるhideは、ここにいる私たちを見ていないんだな…というのも感じてしまって
嬉しかったんだけど、寂しい気持ちも感じて、複雑な気持ちにもなりました。
これは最近流行りのライブビューイングでも近いことを感じるのかな。。

映像は…hide1人より、バンドメンバーがいたほうが自然かなという感じがしました。
それから、ギズモードさんの記事で

右端のほうの席だったために背景の色がhideの身体を通って透けて見えるシーンがありました。

とありましたが、真ん中の席でもそのように見えることがありました。
特に背景の色が明るい時ですね。黒いほうが自然でした。

それから、私は生前のhideのライブを観たことがないんですけど、
あんなに動きのある人なんでしょうか?少し面白かったです(笑)

音は、一緒に行った兄によると良かったと言ってました。

演出はおー!と思うところと、うーんと思うところがありました。

これからのDMM VR THEATERは?

今回はhideの公演ですが、
今後はどのようなことで使われるのでしょうか…今は想像がつかないです。
今回のように亡くなった方のライブは、演出次第なところもあるかもですが、
hideのような、デジタルやサイバーな世界観が音楽に合う人だったら良いのかもしれませんが、そうではない人だとどうなんだろう…うーむ。

それから兄が言っていましたが、
今回の公演は30代以上の人が多くて賛否両論かもしれないけど、これからの世代はこういうホログラフィックなライブに抵抗を感じなくなるかもね…と。ううーむ。

1つの表現方法としては、面白い!と感じたので
これからのDMM VR THEATERにも期待したいです♪